やまこトラベル

おすすめの旅行先、グルメなどを発信。ときどきネイル。

【オススメ本】「スマホを落としただけなのに」あらすじと感想

こんばんわ、やまこです♪

夏風邪をひいてしまい、今日は1日中家で休養していました。

せっかくなので、旦那さんにオススメされた本を読んでみることに。

今日はその感想をまとめておきます。

「スマホを落としただけなのに」 というタイトルの本です。

 


スマホを落としただけなのに (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

志駕 晃 署

 

「スマホを落としただけなのに」あらすじ

ことの始まりは、富田誠がタクシーにスマホを置き忘れたことから。

偶然にもそれを拾った男が、ハッカーであり、連続殺人犯の男だった。

富田の待ち受け画面に写るのは犯人好みの美人。富田の彼女、稲葉麻美である。

誕生日をスマホのパスコードに設定していた富田のスマホは、即座にロックを解除されてしまう。富田の誕生日は、facebookからいとも簡単に見つかってしまったのだ。

連続殺人犯の男は、黒い長髪の女性を今まで何人も殺してきており、稲葉麻美は運悪く、次のターゲットに選ばれてしまった。

連続殺人犯の男は、facebookの「なりすまし」や、コンピューターウイルス、アプリなどを駆使し、麻美に近づいていく。

 

「スマホを落としただけなのに」読んだ感想

スピード感があり、さくさく読めました。

犯人の視点、麻美の視点両方から語られます。さらに別の土地で見つかった遺体の件で捜査をしている警察の視点もあり、こちらはなかなか犯人にたどりつかないことから、犯人の計画性を読み取ることができます。

SNSなどで個人情報や写真、交友関係などを気軽に公開してしまうことが、本当に恐ろしいことだと改めて感じました。わたしなんてスマホにロックすらかけてないから、落としたらハッカーでなくとも悪用されてしまうかもしれない!かなり危ないことしてましたね。。。ブロガーの皆さん、お互い気を付けましょう!!

ミステリーですが、難しくなく、読みやすい文章でした!

 

「スマホを落としただけなのに」マンガ版もあるようです